スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな時だからソーラー発電?でも、そもそも財布にもエコ?

 東日本大震災や、東電の原発事故による計画停電などにより、ソーラー型による携帯電話の充電器や、手動型の充電器が売れ、現在も品薄状態です。
 携帯の電話の充電器は従来は電池式が主流。そのたびに電池代がかかっていましたし、充電型の電池を使用した場合は、停電になれば充電できないので、意味をなさなかったり…。
 結局たどり着いたのが手動型。
そもそも災害用やアウトドア用途しては販売されておりましたが、考えて見れば災害用でもなく、アウトドア用でもなく、無駄に電池を使わず、電池代を必要とせず、手動型は価格もかなり安いため、お財布にもエコだったりします。
 現在、多くの人は停電のために…と買い込んでいる方が多いと思いますが、手動型の携帯電話の充電器は持ち歩きもできるし、どこでも充電出来るので、停電のためではなく、すこぶるエコなわけです。

 そして、震災を機に新たに脚光が集まったものが同じソーラー型ですが、こちらは完全なる発電機。

「オーエスが大幅増産 非常時救う、携帯ソーラー発電」  by gooニュースより
 
 増産するシステムは「どこでも発電 モバイルソーラーユニット」。薄くて軽い富士電機製の「アモルファス太陽電池シート」にオーエスの映像関連技術を融合し、昨秋実用化した。
 ソーラーユニットは、収納箱から発電シートを引き出せば使える。ユニットには、自動車の前席側にある電源取り出し部品「シガーソケット」を搭載。同部品を介して太陽光で発電した電気を出力する。

 さらにユニットは、携帯電話やノートパソコンなどの充電にも利用可能だ。加えて蓄電池が内蔵されているため、夜間や雨の日にも電気をためられる。
 大きさも幅51cm×奥行き13cm×高さ11・4cmで重さ3kgと邪魔になるほどの大きさでもないし、重さも軽いわけで、非常時や移動時などにはかなり大助かりで、車載でも使えるので便利なシロモノ。
 購入当初はそこそこ出費はあるけれど、長いスパンで考えたときに、バッテリーが古くなって充電していないと電源が切れる場合もあり、仕事や連絡中に電源が切れて存在を被る場合も無きにしもあらず。と考えたときには、やはり無いよりはあったほうが良いと思ってしまうもの。 
 現在のサイズよりも小型化されれば、一般家庭でも十分普及するソーラー型充電器となりましょう。
それまでしばし・・私は待ち・・ます^^;

 

 




FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

コメント

世間的に、今回の大震災を契機として、
太陽光発電システムが注目されていますが、
私的には「太陽光発電≒自然エネルギー」と思っていないので
ちょっと疑問符を付けたいところです。

太陽光発電ありきのような話にうんざりしているのが
本当のところで、日本特有の地形や自然エネルギーを利用した
地熱発電や波力発電などの実用可能性の高い発電システムの
実用化を考えようともしないことが不思議でなりません。

先日の統一地方選挙で当選した神奈川県知事は、
国内で既に制定されている電力買い取り制度を活用し、
県内の全世帯に太陽光発電システムを無料で設置することを
公約に掲げていたのですが、この知事の無知ぶりに
開いた口が塞がりでした。

確かに、県民からすれば、
「太陽光発電システムを無料で設置」という耳触りのいいことを
聴かされれば、導入したいという気持ちになりますが、
実は、現在の法制度では電力料金によって買い取り額が変動し、
またこの発電システムの購入が義務づけられていないため、
発電事業者にとってのリスクが非情に高く、
助成費用が高くなりやすいという問題があるんです。

なので、私はこの知事の馬鹿げた話を聞いて、
神奈川県の行く末が非常に心配になりました(^^;。

話が脱線してしまい、スミマセンm(_ _)m。

それでは、いつもの応援ぽち!!
M.Ishiiさんへ
> 世間的に、今回の大震災を契機として、
> 太陽光発電システムが注目されていますが、
> 私的には「太陽光発電≒自然エネルギー」と思っていないので
> ちょっと疑問符を付けたいところです。
 ソーラーパネルは地震の際には破損する率がすこぶる高いので
  (家屋が壊れるので、必然的に。。。)
 東北の地震多発地帯にはどうかなぁ、と毎度思っています。


> 地熱発電や波力発電などの実用可能性の高い発電システムの
> 実用化を考えようともしないことが不思議でなりません。
  地熱は私もなぜ利用しないのか疑問に思っていました。
 それと、川ですねぇ。
 
 日本はどんな発電しても、送電している間に約半分近くが無駄になって
 しまうと言われていますので、発電を地域ごと(市町村どか、地区とか)に
 分けると、送電の際の無駄がなくなると以前聞いたことがあります。

 海外では地域で発電所みたいなものを作り、数世帯分をそこで
 まかなっているというのもありますし、
 こじんまりと、方法はないのかな、とか思います。


> 県内の全世帯に太陽光発電システムを無料で設置することを
> 公約に掲げていたのですが、この知事の無知ぶりに
> 開いた口が塞がりでした。
  たいそれた公約をされましたね。
 ま、パネル作っている業者さんにはありがたいですが…。

  発電に関してはまだまだ手法は考えていくべきですよね。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2011-04-22│12:47 |
  • [edit]

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。