スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の安全保障には森林と湿地が鍵 by 「世界湿地の日」

 「水の安全保障には森林と湿地が鍵」という声明に、いささか「当たり前では?」と思った人は多いかと思いますが、いかがでしょう?

 先ほどまで知らなかったのですが、2月2日は「世界湿地の日」の日だったそうで、ラムサール条約の採択の1971年2月3日をを記念して、1996年10月のラムサール条約常設委員会で議決され、すでに5回目となる「世界湿地の日」であります。
 水・森林・湿地と人々の関係は重要でありますが、現在、世界の人工の6分の1に当たる人々は安全な飲料水を確保できていません。 近年の森林破壊や干ばつ、そして大洪水に淡水の減少などで、水不足居がエスカレートしています。このままの状態でゆくと、世界人口の3分の2が水不足はじめ何らかの水問題と直面することが考えられ、中でも2025年には、世界で18億人が水不足で危機的な状況に陥る地域に住んでいるという予測がされました。
 
 また、「水」は森林や湿地などと連携した中での水環境維持が出来ます。森林や湿地の性質上、水量・水質保持が行われ、また森林は空気清浄的な役割を果たし、且つ木々の枯葉などによって土壌改良を行い、また木々の根によって水量を保持することで、 砂漠化と塩性化を防ぐことが出来ます。

 森林を守るためには、適度な干ばつが必要です。
しかしながら、破壊的な伐採は当然必要がありません。
また、最近はビオトープという言葉を聞きますが、湿地の復元も増えています。
本来は、もともとある湿地の維持を行うことが最大の使命ですが、いとも簡単に埋立されてしまうケースも多々あります。

 山の恵みは、水の中の栄養分として、川や海に流れ込みます。
飲み水だけに限らず、森林や湿地を守ることで、川・海における生物環境が整い、それは我々人間の生活環境も整うということになります。

 木を植えればいい!
 伐採しなければいい!
では、森林は守れません。

不法投棄におけるごみ問題、
許可なしでの業者による森林伐採問題、

 水不足や水質保持は、私達の日常生活を見直すことから始まります。


◆生物多様性条約事務局
 「水の安全保障には森林と湿地が鍵である」
  の声明を発表の原文(英文)
(PDF)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。