スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュレッダーの紙くずがトイレットペーパーに?

 先日のAPEC関連の国際交流イベントで隣の隣のテントに山積のトイレットペーパーがあり、かなり気になっておりました。
 で、イベント2日目で、ボチボチ撤収準備を皆さん始めていた夕方、そこのテントにお邪魔して…
「トイレットペーパーもらえます?」と(笑)

 で、色々聞いて見ると…
シュレッダーで細かくなった紙を、そのまま「その場」でトイレットペーパーにしてしまう機械がある!とのこと。
びっくり!です。
 且つ、とても水に溶けやすいとのこと…。

 社内でシュレッダーにかけた紙くずを機械に入れて30分後、ポコッと1つのトイレットパーパーが出てくる仕組み。そんな機械が社内にあったら、有る意味…ゴミだけど地産地消的な感じ。

 毎日一定の量の紙くずが出る職場であれば、かなりあり難いですよね。
シュレッダーにかけても、回収業者に運賃を払って持っていってもらう、というところは少なくありません。それが社内で出た紙ゴミは社内のトイレでまた使えるというのだから回収費用を考えれば一定の年月で「もと」はとれるはず。
 実は、シュレッダーにかけた紙を回収しても、通常の再生紙にはなりません。シュレッダーにかけることで繊維までも砕けてしまうため、固まりにくく、新たに繊維の核になる部分を加えなければいけません。年々、シュレッダーでの紙の回収量が増えているため、変なコストがかかっているのが現状です。
 それを考えれば、とことん使い切る!ということで、この紙くず→トイレットペーパーは優れものと言えるような気がします。

 ・大手の会社
 ・福祉作業所
 ・役所関係
 
 考え方、行動の仕方でかなりの利用価値が出てくるかもしれませんね。

トイレットペーパー


ちなみに、その機械を発明した会社はこちら。
日本で始めてシュレッダーを作った会社でもあります。

 ◆合資会社オリエンタル


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

コメント

こんにちは、M.Ishiiです。

シュレッダーの紙くずがトイレットペーパーに
生まれ変わる技術は素晴らしいものがありますよね。

昨年、私もブログでこの話題を取り上げたことが
あるんですけど、シュレッダーの紙くずは処理が難しく、
処理業者さんも扱いに困っている代物なんです。

なので、この難題をすっきり解決する方法として、
この技術を活用する手は他にないと思います。

各企業でこの製造機を導入してもらいたいのですが、
結構なお値段がするんですよね(^^)。


M.Ishiiさんへ
さっそくのコメント有難うございます。

> 昨年、私もブログでこの話題を取り上げたことが
> あるんですけど、シュレッダーの紙くずは処理が難しく、
> 処理業者さんも扱いに困っている代物なんです。
  エコと言いつつ、シュレッダーにかけることは
  情報は洩れませんがエコにはまったならないという
  困った状態ですよね。

> 各企業でこの製造機を導入してもらいたいのですが、
> 結構なお値段がするんですよね(^^)。
  確かに金額聞いたらけっこうお値段でした。
 でも、大手企業なら可能であろう金額でもありました。
 大学とか専門学校などから取り入れるといいかもしれませんね。

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。