スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[リサイクル・キャンドル][リメイク・キャンドル]違いは?

 最近特に「リメイク・ャンドル」という、わりかし格好良い言葉を耳にします。
なのでリサイクルキャンドル教室をしているときに「リサイクル・キャンドルと何が違うの?」と聞かれることがたまにあります。
 そんなことで、ちょっとそのことについて書いてみようと思います。



◆リサイクル(recycle)の意味
 製品などを再度資源に戻して、新たに製品を作ること。
        ↓
  ●リサイクル・キャンドル
   「ロウを溶かして、資源とし、新たにまたキャンドルを作る」
   ので、基本的には“リサイクルキャンドル”が正しいかも。


◆リメイク(re-make)の意味
  もともとは音楽や映画など過去に作られたものを新たにアレンジを
  加えたり、新たな構想のもと作り変えること、の意味のようです。
        ↓
  それが…一昔前?二昔前?あたりから
  「着物をリメイクしてスーツを作った」とか、もともとの素材を生か
  して新たな作品を作るときなどに用いるようになりました。
        ↓ 
   ●リメイク・キャンドル
    それが、また進化して「単に作り直すこと」の意味を含めるように
    なったので「リメイク・キャンドル」という言葉をも生まれたのだとう
    と思います。

 廃油で作るキャンドルは、もともとの素材(サラダ油)をそのまま生かして作るので、逆に「リメイク・キャンドル」という言葉のほうが合っているとかもしれません。


もともとの意味に多少の「ズレ」はあったにしろ、今では「リサイクル」=「リメイク」というように、同じ意味合いで使われることが多く、一般にもそのように浸透してきているようで、この表現が正しいとか、この表現が間違っているというのは、特に線引きをする必要もないのかな、とも思います。



にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。