スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エコ=環境」は日本語。本当の「環境」の意味の単語は・・・

「エコ」という言葉は日本語。
それも造語。

 日本国内では「エコ」=「環境」「環境問題」「環境保全」とか・・・そんな意味合いに使われていますが、この場合のエコは「economy(経済・倹約・財政・経済性...)」と「ecology(生態・生態学...)」を組み合わせたもので、環境と経済を一緒に発展させていく持続可能なことを意味しています。
 環境問題だけにとらわれると経済の発展が遅れ、生活にも支障が出るわけで、今の生活を歩い程度維持しながらも環境問題に取り組んでいくという意味です。

 なので、「エコ」という言葉は日本でしか通じず、英語圏での一般的な言葉ではないため、外国人の方と接する方でまれに「通じない」と言っている方に先日遭遇しましたが、ある意味当然通じません。
 一部の日本を知っている方であれば日本語としての「エコ」を理解してくれている方もおられますが、通常は意外と浸透していないようです。
 
 「環境」=「Environment」が正式な英語。
 ちなみに
 ドイツ語「Umgebung」
 フランス語「Environnement」
 中国語「环境」
 など。

 先日、東北エコプロダクツ2009に行ったときに唯一「Environment」の表示を使っていたのが、なんと「脱石油」を掲げた化粧品のブースでした。
 なんか、変な感動をしてしまいましたが、個人的にはちょっと嬉しかったブースでした。
そこでもらったエコバッグ。ちゃんと「Environment」の文字がありますでしょ。
エコバッグ




にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。