スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「打ち水」の正しい時間は?

 ここ数年、「打ち水」のイベントが多くなりました。
日古来からの風景がもどってきたようにも思えます。

 私が子どもの頃、よく近所の商店街の人が、大きな柄杓で川の水を汲み、道路にまいていた記憶があります。いつの頃からかあまり見かけなくなりました。商店主の世代交代もありますが、「打ち水」の意味がちゃんと世代を越えて伝わらず、そのままになったように思います。

 しかし、「打ち水」には適した時間というのがあります。
真昼の太陽が煌々と照りつける中の「打ち水」は一瞬は気温が下がりますが、のちの水蒸気でムッとするような状態に陥る場合もあります。特にアスファルトやコンクリートの路面では…。

 「打ち水」に適した時間は
◎気温が上がる前の朝
   と
◎気温が下がり始めた夕方
   が最適と言われています。

 朝、気温が上がる前に水をまくことで、その後の気温の上昇を緩やかにするといわれています。また、気温が下がり始めた夕方は、日が照ることがありませんでの、地面が乾くのに時間がかかり、風とともに家の中につめたい空気を送り込むと言われています。

その日の
 気温
 太陽の出具合
 路面の状態 などを
考慮しての打ち水が本来は必要です。

 打ち水イベントをするも良し。
 しかし、日本人がDNAの中に持っている本来の「打ち水」の方法もきちんと理解することも併せて必要です。


打ち水
本日の打ち水時間。
午後4時半。

打ち水
打ち水終了近く、紫の夕顔が咲きました。


 京都をはじめ城下町では、老舗の旅館や商店では、朝夕の打ち水のほかに客人を迎え入れる準備の1つとして打ち水を続けているところもあります。
 日本の良き伝統文化は、続けていって欲しいと思います。


にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。