スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の「食品ロス」

  昨日「リサイクル・ループ」の話を書いたが、それに引き続き、今日は「食品ロス」について。 
「食品ロス」とが、いわゆる「まだ食べられるのにー」という物を無駄に捨てている!ってことである。
 企業は賞味期限を理由に、実際には未だ問題なく食べられるものも廃棄している。
売れ残った生鮮食料品やお弁当も廃棄している。
 それらを何とかしなければ。。ということで、昨日紹介したコンビニ業界の「リサイクル・ループ」である。
 が、しかし・・・
それだけでは一向に食べ物の無駄な廃棄は減らないだろうが。

 日本は自給率40%、39%・・・と言われている。
食糧の多くを海外から輸入している。
 それにも係らず、年間で500~900万tもの食糧を廃棄している。
これは金額に直すと年間11兆円分にもなるという。
大国アメリカでさえ4兆円の「食品ロス」なのに、小さな国の飽食の国日本は、アメリカの約3倍も食糧を無駄にしているわけである。
 この11兆円分あれば、
経済の建て直しに使えたかもしれない。
高齢者医療だけではなく、子どもの医療が一定年齢まで無料になっていたかもしれない。
リサイクル施設が作れたかもしれない。

 企業から排出される「食品ロス」もさることながら、一般家庭から廃棄される食糧品も思いのほかおおい。
 スーパーで「安いから!」と大量に購入して冷蔵庫や倉庫に。
気がつけば「いつの?」ってことで、安易に捨ててしまう。
これが意外に無駄な買い物をし、無駄に食糧を捨てている要因の1つであることを、各自がもっと自覚しなけれはいけない。

 マイバッグもいいが、
 それと同時に「無駄な買い物をしない」を心がけ欲しいと思う。
 それは国自身の無駄な出費でもあり、家庭の無駄な出費を防ぐことにもなるのである。
 

参考資料ページ
●FOOD ACTION NIPPON(フードアクションニッポン)

●平成19年度食品ロス統計調査報告(農林水産省のページ)

食品ロスの削減に向けて(平成21年3月)(PDF)

経済の用語辞典
 「食品ロス率 」より
食品の使用重量に対する無駄遣いの割合を「食品ロス率」といい、2000年の調査では、家庭で7.7%、外食産業で5.1%となることが明らかにされた。特に家庭では、65歳以上の高齢者が同居する3人以上の世帯の食品ロス率が低くなっている。また、外食産業では、結婚披露宴で23.9%、宴会で 15.7%と高い食品ロス率を記録している。(原文そのまま引用)

にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
関連記事

トラックバック

コメント

No title
はじめまして。
私はこの事実をNHKの「世界びっくり旅行社」にて、知りました。
驚きの事実ですよね。。。
自分にできることから、MOTTAINAI、はじめなければいけませんね。v-22
  • 2009-05-10│21:18 |
  • AROUNDJ URL│
  • [edit]
Re: No title
AROUNDJ さん
        はじめまして。

コメントありがとうございます。
当たり前の生活が。。。当たり前ではないことに多くの人が気づいていません。
自給率の低い日本で、ほんとうにもったいないことが毎日なされていることに気づいて欲しいですね。

まずは、自分ができること。。。からですけど。
  • 2009-05-12│18:59 |
  • ami-chan URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。