スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドギーバッグは日本で浸透するのだろうか?

 ドギーバッグ。
いわゆる食べ残しのお持ち帰り用の容器のこと。

 「えぇ~」と思う人も居るかもしれないが、昔は当たり前に宴会での残った食べ物はパックにつめて持ち帰るのが普通でした。
 その後、食中毒だ、なんだと世間が騒ぎ持ち帰りがご法度という暗黙の了解のような状態になったわけですが、食糧を海外に依存しているの

 しかし、残り物を持ち帰ったあとの食中毒も、
*持ち帰るときの運搬方法
  常温で持ち帰っていいのか?
  日の当たるところに置いていないか?
  基本的に持ち帰ってもいいものかどうか?
*持ち帰ったあとの保存方法
  冷蔵にすべきものを常温にしていないか?
  通気性の悪い場所においていないか?
  容器を移しかえたかどうか?
*食べるときに傷んでないか判断する能力
  食べ物の色や香りで判断する
  少しつまんでみて味で判断する
など・・・をすれば、一般的な食中毒は間違いなく防ぐことができると思います。
 これらは本来は人間が生きていくうえで防御本能として備わっていたはずの能力ですが、悲しいことに、賞味期限・消費期限という数字だけでしか判断できなくなってしまった私たち。そのおかげでいつの間にやらその防御本能が薄れてしまっているのが現状ですが…。

(例外としては最初から腸炎ビブリオ菌やサルモネラ菌が入っている場合はお手上げですが・・・。)

 最低限の食中毒を防ぐことが出来る方法を理解し、持ち帰ってからの食中毒はまずは自分の責任であるということを認識した上で、お持ち帰りすることが望ましいと思います。


 日本と諸外国の間で広がる「もったいない」に対する行動の違い・・・。
 その溝は縮まるのでしょうか・・・。



●広がる?「ドギーバッグ」 海外では当然も…食中毒恐れ、日本は消極的

ポチッと!環境Blog  ポチッと!自然環境Blog
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。