スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラルを捨てた仙台市民。ゴミ越境・・・

 10月1日より仙台市でゴミの有料化がスタートしました。
大変恐れていたことですが、案の定、それは起きました。
 ゴミの有料化が決まり、かなりの頻度で広報活動が行われて、テレビのCMでも放送されていたので、仙台市民でなくとも仙台市のゴミの有料化は認知されており、ゴミ袋もその有料化分を含んだ新しいもので、価格もアップすることも宮城県民ならば常識的には認知されているものでした。
 しかしながら、ゴミの越境が行われたのです。
 「新しい指定の袋を買うのを嫌った仙台市民」といっても、いつまでもそのようなことを続けるわけにはいかないはずです。いずれは買わざるをえないのですから、自分の面倒くささだけでゴミを他の市町へ置いてくるという、情けないことは虚しさだけが残ると思いますし、決して正当化されるものではありません。

 いったいどんな顔をしてゴミを置いてきたのでしょうか?
 罪悪感は無かったのでしょうか?
 虚しさは無かったのでしょうか?
 人に胸をはれる行動でしょうか?
 
 新しいゴミ袋買うのが面倒だ!(単に怠惰なだけ)
 新しいゴミ袋は高い!(有料化だから当然)

 
 ゴミは自分の家から出たゴミということを忘れて欲しくありません。
 ゴミの出ない工夫、ゴミを出さない工夫・・・
 対策をすればゴミは減ります。
 高いといわれているゴミ袋の使用量も減らすことが出来るのです。
 何もせずして
 ゴミを他の市町へ置いてくるなどとは…とても恥ずかしいことです。

  

 【仙台市のごみ有料化がスタートした1日と翌2日の2日間で、仙台市と隣り合う多賀城、名取両市と利府町の集積所に仙台市の旧指定袋に入ったごみが計68袋出されたことが分かった。値段の高い新指定袋を買うのを嫌った仙台市民が、非有料化の近隣市町村に持ち込んだ(河北新報記事「モラルも捨てた 近隣3市町へ越境排出 ごみ有料化」より原文引用)】



ポチッと!環境Blog  ポチッと!自然環境Blog
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


08 ≪ 2017/09 ≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。