スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミの有料化へ向けて、NEWゴミ袋が販売開始 in 仙台市

 仙台市では、家庭ごみの有料化を10月からスタートするにあたり、新しいゴミ袋を昨日より販売を始めました。

 大きいゴミ袋で1枚40円。従来のゴミ袋10枚で新しいゴミ袋1枚と交換も可能。ということで、逆にこれまでのゴミ袋がいかに安かったか、と驚いてしまいます。

 ゴミ袋が安かったおかげで、実はリサイクルステーションなどにおける「ゴミ減量」の意味を理解してもらえない方も多々おいでになりました。
 仮に同じ大きさの容器を重ねれば300個も400個も入ると仮定します。しかし、その容器を無造作に入れると100個も入りません。つまり、1枚のゴミ袋で済むものを、無造作にいれることによって3~4枚のビニール袋を使用してしまうのです。その「もったいない!」が意外にも理解されない環境下にありました。
 ゴミ袋にゴミの有料化の金額が加算されることで、ゴミ袋も金銭的な価値を持つことから、その「ゴミ袋の無駄づかい」も減るはずです。

 ゴミ減らす工夫。
 ゴミの出ない暮らし。
 ゴミになるものを買わない、もらわない暮らし。
 それら家族で、学校で考える良い機会です。

 しかし、残念なことに昨日のテレビのニュースの中でインタビューを受けていた60代~70代と思われる男性が「ゴミの分別を種類を減らして欲しい」と、世の中の流れに逆行している発言をしていたのには、がっかりでした。
 誰でも分別は面倒くさいです。
面倒くさいけれど、やらなければいけません。
リサイクルして逆にコストがかかるものがありますが、日本には基本的に「資源」となるものは無いに等しいのです。今はまず「分別」「リサイクル」は必須事項です。
 

●新ごみ袋販売開始 仙台
●新しいゴミ袋の金額表(仙台市:指定ゴミ袋トップページ)
●仙台市 ゴミ測量(平成19年4月~平成20年7月)

ポチッと!環境Blog  ポチッと!自然環境Blog
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


05 ≪ 2017/06 ≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。