スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまさらですが「NIMBY」

 NIMBYとは、「ot  In  y  ack-ard」の略で、『施設の必要性は十分承知しているけれど自分の家の裏庭(近所)には造らないで!』という意味で使われる言葉です。

 NIMBYは、時と場合には住民のエゴ・自分勝手として嫌味的な言葉とされています。
日本の場合は「NIMBY=迷惑施設」としてとらえられています。

 では、どんな施設がその「必要な施設だけれど、自分の家の近くは嫌!」というものかというと、「発電所(特に原子力発電所)」「埋立処分場」「ゴミ焼却炉」「遊園地」「し尿処施設」「産業廃棄物処理施設」「リサイクル施設」「軍事施設」、そして「葬祭場」「火葬場」も上げられますが、それ以上に「へ?」と思われるものではなんと「精神病院」や「知的障害者施設」もNIMBYな施設としてあげられています。

 また逆の言葉としてYIMBY 「es n y ack-ard」『その施設は自分の裏庭(近所)に造っても何の問題もないからいいよ』という意味で使用される言葉です。ちなみにYIMBYによる好まれる施設は、「公共機関の施設」「名門の学校」「研究施設」などがあげられています。

 NIMBYに関しては、「NIMBY」を住民のエゴとして、施設立地予定地などの住民が建設反対運動などをする際に、他の市民などが「それはエゴだろう!」と非難する意味で使用したりしますが、非難する側も逆に自分の家の近所にその施設が造られるとなれば、やはり反対することが多いので、
「NIMBY」という言葉そのものに矛盾が生じてくるように思えますよね。

 また廃棄物処分場やリサイクル工場は、どうしても都市部に敷地がないという理由で田舎に造られる場合が多いので、都市部の住人は自分たちのゴミが輸送コストをかけて田舎に運ばれ処分及びリサイクルされている実情をきちんと理解してもわらわなければなりません。そして、緑を増やそう!と特に緑の少ない都市部で様々な活動がされている中、田舎の山が削られ処分場となっている事実も矛盾の1つとして理解してほしいところではありますね。


ポチッと!環境Blog  ポチッと!自然環境Blog
関連記事

トラックバック

コメント

いつも大変お世話になっています(^^)♪
ブログを更新いたしましたので、ぜひご覧になって下さい☆よろしくお願いいたします♪
NIMBYという言葉を、はじめて耳にいたしました!産廃処理場とかが、日本には多いですよね~(汗) NIMBYに頼らなくても生きていけるライフスタイルに、やっぱりシフトすべきかなあ…と思っています☆
  • 2008-07-22│18:52 |
  • モスカル URL
  • [edit]
こんばんは、モスカルさん。
いつもご連絡ありがとうございます。

ゴミの出ない工夫を消費者は行う
ゴミにならない製品を企業は作る
と少しでもなるといいですよね。
  • 2008-07-23│01:14 |
  • ami(*^^)v URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


10 ≪ 2017/11 ≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。