スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹炭・・・焼いてきました(?)

 昨日はエコ研で炭焼きをしてきました。と、言っても大方見てるだけ…の私でしたが。
 炭焼きとしてイメージするものは「竹」。
でも、竹は竹でもお箸の方の竹です。

 会員のお店の竹の割り箸、近隣の旅館で使用された竹の割り箸をいただき、燻炭方式で炭を作りました。
(燻炭方式…籾殻を利用して…いわゆる「燻製」状態でを炭をつくる方法です)
 籾殻も最終的に炭になりますが、籾殻の炭は田畑の肥料となります。。
竹の割り箸の炭は、川の浄化用に使用されます。
よって、燻炭方式での作業ではゴミ(基本的に廃棄物)は出ません。


籾殻を使用

籾殻で竹箸を埋めてゆきます。

出来上がりはこんな感じ。
多少、原型のままの箸も存在はしますが、9割以上は炭となりました。
できあがり


 途中経過などは、ホームページの活動報告をご覧ください。



ポチッと!環境Blog  ポチッと!自然環境Blog
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。