スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパーレスは本当にエコ?

 最近、パソコンを使用した会議が多くなりました。
従来の紙資料を使用した会議は「コピー用紙の無駄!」のレッテルのもと、「節約」「エコ」ということで、紙資料からパソコンでデータのみをコピーして行う会議に移行してきました。
 が、しかし・・・。
5~6人の会議なら、それも有りかもしれないけれど、10人、20人、30人と一斉にパソコンを使用した会議の場合の電力消費量はどう?
それと、パソコンが何らかの不調で使用不可になった場合はお手上げ。(経験ありますけどね)
 また、紙資料の場合、その場で訂正があったりメモしたりすることは非常に便利。パソコンの場合、キーボードを打つ速度の遅い人にとっては、画面上での訂正もままならず、一文を打ち込んでいる最中に会議は別な内容へ・・・と言う経験のある方も多いことでしょう。
 そして、資料を家に持ち帰った場合、紙資料の場合はパソコンの電源を入れる事無く資料を読み返すことが可能。ささやかならな電気の節約へ貢献できます。
 「え?それくらい~」と思うでしょうが、何でも積み重ねです。

 わが家では仕事柄ゲラ刷り(サンプルや校正をみてもらうため)で、時と場合によっては紙を大量に使う場合がありますし、その際に失敗する場合もあります。
 そういった紙は・・・
紙

写真のように綴じて、メモ替わりで、とことこん使います。
 紙は、紙回収業者さんがおりますので、とことん使い切った紙も回収してくれます。ならばとことん使った方が得であり、エコなわけです。

 コピー用紙。無駄な使い方をするから「無駄」と言われるだけです。
とことん使い切ること。書けるとこにはとことん書くこと。

 学生時代、ノートに暗記するものをとことんページが真黒になるまで書いたでしょう?
 英単語やら漢字やら・・・。
 ドイツ語の詩やら、法律・・・覚えるものもはなんでも声にだして、ノートにひたすら書き込みました。
 それも書く場所が無くなっても、色を変えて上書き・・・。
 そういうこと、今はなくなっていますね。

 何でもとことんん、使い切ること。
 それは物を大切に使う、大切に使い切るということを教える手段にもなりうるわけです。
コピー用紙の規制をするのは簡単ですが、「なぜ?」「木がもったいないから」だけでは、物を大切に使う精神は養われません。

大切な木を切って紙にした。
自然に、木に感謝してとことん使う。
そこに自然を敬う精神も育つのです。

 「環境」「エコ」。
あなたがその言葉を使うとき、本当に自然を敬って、その言葉が出てきていますか?


ポチッと!環境Blog  ポチッと!自然環境Blog
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。