スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海中の砂漠化進む危険

 「酸素不足の海域広がる 海中の砂漠化進む危険 」
【地球温暖化に伴う海水温上昇によって、酸素不足で微生物などが生息できなくなる海域が熱帯を中心に拡大していることを米国のスクリプス海洋学研究所やドイツの研究チームが突き止め、2日付の科学誌サイエンスに発表した。(U.S. FrontLine:アメリカ・日本・世界の政治・社会・経済情報速報ニュースサイトの記事より引用)】という内容のものですが、この関連のニュースは、実は3月にも話題になりました。
 そのときには、米海洋大気局やハワイ大のグループが調査した結果、【1998年から2006年の9年間に、赤道を挟んだ南北太平洋や大西洋で、植物プランクトンの光合成の能力が極めて低い「海の砂漠」が広がっていることが分かった】と言うものでした。

 いずれにしてもこの原因と考えられるのが、地球温暖化等による海水の温度が上昇し、海面と海中の海水が混ざらなくなり…つまり海面の酸素を多く含んだ海水が海中に送り込まれないことで、海中の酸素が不足し、且つ海中に存在する有機物が酸素を消費することで、酸素不足が加速することも考えられます。
 よって、海中で酸素がなくななれば微生物が生息できなくなります。

   →微生物が生息できなければ、魚介類はじめ、珊瑚も海藻も
    生息ができなくなることを示しています。

   →すると、必然的に人間や魚介類を食糧としている野生動物にも
     多大な影響が及ぼされ、漁業という次元ではなく、人間も動物も
     生息が脅かされることになるということです。

 現在、温暖化に関する調査研究では、永久凍土及び氷河が溶け出していることで将来的には水不足が全世界を襲うとまで言われています。
 ともすれば、海中の砂漠化と、陸上における水不足及び干ばつが同時に起これば、地球上では、人類及び生物の最悪のシナリオも予想の範囲内に入ってくる…かもしれませんね。

 
参照記事はこちら
●酸素不足の海域広がる 海中の砂漠化進む危険


いつもありがとう"   ポチッとお願いしますm(__)m
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。