スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力発電所の耐震安全性評価は激甘だった!

 新潟県中越沖地震で被災した柏崎刈羽原子力発電所。
皆さんもまだ記憶に新しいことでしょう。
また、当時の地震での被災直後の映像なども、生々しく記憶に残っている方々も多いと思います。

 さて、その柏崎刈羽原原子力発電所における耐震安全性評価が非常に甘かったことが露呈しました。
 【原発東側の三つの活断層が連動してマグニチュード(M)8級の巨大地震が起こる可能性が判明。東電は原発建設時は連動を否定し、M6・9しか想定していなかった。中越沖地震の震源断層の可能性が指摘される「F-B断層」も、従来より約10キロ長い最大30キロと結論。重大な過小評価していた】(毎日jpより)

 柏崎刈羽原原子力発電所のわきには、断層が3つあります。
しかし、それぞれ個別に動くものだ!という決めつけたことにより、最大震度の想定を低く見積もってしまったということです。ということは、耐震性も低いのでは?という結論になります。

 地震のメカニズムをきちんと把握していない状態で設計をし、建設をしたのが柏崎刈羽原原子力発電所ということになりますし、新潟県中越沖地震以前に設計・建設された原子力発電所に関しては、同じような地震に対する想定の甘さがあるということになります。

 地震大国の日本。
地震の震度や、断層の連動は考えていなかったというのは、とてもお粗末なものです。



 詳しい内容は
●巨大地震の可能性 建設時は想定せず--東電調査
をどうぞ。


にほんブログ村 環境ブログへ
FC2Blogランキング
人気ブログランキング



関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

??? ?? by Goodor Bad

????????ΰ????λ??????????????Τ?????Υ???ä顢????

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。