スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和ローソク?糠???


 いただきました和ローソク。
aCandle63010.jpg    wa-Candle017.jpg
このままでは使えないので
表面削り、湯せんで溶かします。

削ったものは、アイボリーとして色付けに付けますし
赤は赤とししての色付けに使えますので…、

削ってみて、見慣れた和ローソクとは違っていたので「ん?」と。
昔ながらの和ローソクは「ハゼの実」や「漆」の木から
出来ています。漆は現在はほとんど作らているところはない、
と思いますので、この色はなんだろう?と。
wa-Candle018.jpg   wa-Candle019.jpg
融点温度もかなり高く、溶けるまでかなりの時間を要しましたので
時間制限のある子どもたちのリサイクルキャンドルで
その場で直接使えないので、加工して使用するか…と思案中。

wa-Candle020.jpg
湯せんの際に蝋も分解するんで
色々見ていると…
芯は和紙にい草とか草巻くんじゃ…
使い古しの紙を見たのは初めてでした^^;

wa-Candle022.jpg     wa-Candle021.jpg
3つ並んでいるものの一番右が、「はぜの実」で出来た和ーローソクから
白や赤の部分をピューラーで削って、「ハゼの実」そのままの色。
残り2つは今回のもの。

右側に写真をクリックすると
キャンドルに亀裂が入っているのが見えると思います。

粘着力がないのでこわれやすく亀裂が入ったのです。
ソイ(大豆)ワックスも似たような現象が起こります。
ので、自然素材のもの…。
と考えると、融点が高いのも合わせると、
ハゼのみに変わって増えている「米 糠(ぬか)」から
抽出した蝋を思われます。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


03 ≪ 2017/04 ≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。