スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単に作れるキャンドルホルダー

イラついたり(仕事含む)、
集中力が途切れた時は
何かしら「作る」という作業が一番いい。
没頭して作業していると、
イラついていることがアホらしくなるからだ。

ってことで、
昨日と、一昨日で自作のキャンドルホルダーを実験的に作ってみました。

201203260holder001.jpg
準備物。
石粉粘土・粘土用のヘラ
粘土板(写真は100均で売っている小さなマナ板)


陶芸した方は分かりますが、
ロクロを使わずにカップなどを作る
方法で1つ、もう1つは怠惰な作り方で。。。
(写真が大量になるため工程写真は省きました(^_^;))

20120318candleholder0260.jpg

 それぞれ、作業時間は30分弱です。
普通の粘土や陶芸と一緒で、作っている最中に表面が乾いてきたら、手に平に水をつけ粘土を練るだけです。
凸凹をなめすのも同じ方法です。

 写真右は、穴などを開けた時に粘土が重力で下がって
乾燥待つ期間中に、穴がふさがらないか?とか考えて
細長い隙間で、且つ多数の穴を開けてみました。
 写真左側はクッキーの型抜きで
桜の花びらの形に抜いたもので、型抜きで抜く作業に
粘土の薄さが耐えられるか?と考えながら開けてみました。
 1日少々で8割方乾燥します。

 ガラスなどのキャンドルホルダーよりも、光が柔らかくなるような気がしました♪



にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。