スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流行りの「バスボム・メーカー」を買ってみました!

 以前から、興味のあった「バスボムメーカー」
(入浴剤をつくる手動型の機械です。)。
とてもお安くなっていたので(半額以下)即購入。

20110812b04.jpg     20110812b06.jpg
①                          ②

①バスボムメーカー
②別売りの材料
※ほかに準備物は「精製水」「塩」「精油(今回は「ハッカ油」)
 レシピ本は付録にあったのですが、私の好みの作り方はなかったので
 私のレシピで作りました。

 


20110812b08.jpg     20110812b09.jpg
③                          ④

③レシピに掲載されている分量で、まずは1個分の材料を図る。
④このままでバスボムメーカーに移せないので、
 指定のカップに材料を移し替える。
 この場合、
 重層   150g
 クエン酸  75g
 塩    大さじ2
 ハッカ油 スポイトで3滴
 精製水  3ml少々
 

20110812b10.jpg     20110812b11.jpg
⑤                          ⑥

⑤材料を計量し、カップに移し替えても、
 材料をバスボムメーカーに入れるには非常に入れずらい。
 が、なんとか周囲に散らかしながら
 バスボムメーカーに材料を入れた。
⑥で、いったん、重層とクエン酸を塩をまぜまぜする。


20110812b12.jpg     20110812b13.jpg
⑦                          ⑧

⑦と⑧水と精油(ハッカ油)をふたの部分に入れる。
 ふたをし、蓋の上を押しながら水を入れ
 さらにまぜまぜさせる。


20110812b15.jpg     20110812b16.jpg
⑨                          ⑩

⑨混ざり合ったら、バスボムメーカの後ろにある
 取ってを引っ張って、下にある容器に落とす。

⑩容器に落としたら、今度はサイドにある
 棒で圧縮していく。
 10秒圧縮後30秒放置し、
 棒を上にあげ、
 容器を外して出来上がりとなる。



20110812b17.jpg     20110812b18.jpg
⑪                          ⑫

⑪出来上がり。
サイズ直径7cm。
かなりの大きさで、かなりの重量。

⑫同じ分量で、一般的なプリンカップの大きさで2個作れた。

 写真を見ていただくとわかりますが、プリンカップでもそこそこ大きいです。

 お風呂に入れてみたら、さすがに直径7cmあるだけあって
シュワシュワ~となっている時間が、私が普段作っているプリンカップサイズのバスボムの3倍くらいの長かったです。とは言っても1分少々ですが…。

 作り方次第ですが、1個直径7cmという大きさなので、重層とクエン酸はキロ単位で購入し、大量に作って使用して初めて、「お得」と思えるかもしれません。
 また、バスボムメーカーを組み立てて、バスボムを作って、その後は分解して洗浄して…と、それなりに手間はかかります(^_^;)

 何でもそうですが、市販のもので「お得」を選ぶか、「自分で作る=安心」(費用と手間がかかる)を選ぶか、の差かと思います。

 ま、お子様と和気あいあいと作るのにはもってこいの道具かもしれませんね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。