スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火鉢のある生活♪

 昨年、今くらいの季節からネットで炭を物色し、様々な炭を約60キロほど購入しました。
秋口から現在、茶の間に鎮座する火鉢の中で炭は毎日部屋をほっこりを暖めてくれています。
 東日本大震災直後、ライフラインが途絶え、電気もガスも使用不可という中、火鉢の存在は今まで以上に有難いものとなりました。
 震災後、ガソリン、灯油がなくなり、石油ストーブさえままならない中、火鉢があるだけで石油ストーブの使用頻度が押さえられ、火鉢で部屋が常に暖められていたので石油ストーブは常に「弱」の状態でしたから、ガソリンや灯油がほぼ正常に戻るまでの間、なんとか細々と何とか持ちこたえることが出来ました。


20110514b002.jpg
真っ暗な中、炭の燃える姿は1つの灯りともなります

火鉢は常に炭をくべなければ
ダメなの?と聞かれるので、夜の収納の方法を…。

20110514b003.jpg
まず燃焼中の炭の間に、新たな炭を少々入れます

20110514b004.jpg
炭の周囲をちょっとずつ灰盛りしてゆきます

20110514b005.jpg
てっぺんまで灰を盛り、
専用のヘラでペタペタと。。
ようは、あまり酸素が入らないようにします

20110514b006.jpg
これで、終了。

翌日の朝か昼に、灰盛りを崩し
燃焼中の炭を引っ張り出してきて
そこのまた新たな炭を入れて再び火鉢を使用します



「炭」も奥深いですが、「火鉢」も奥深いです。



FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


04 ≪ 2011/05 ≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。