スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海藻使いバイオマス発電 海藻使いバイオマス発電 東京ガスが実用化へ

 今年の5月15日のBlogに【農水省所管の財団法人 東京水産振興会の研究委員会では、石油代替燃料のバイオエタノールの原料として、トウモロコシなどの穀物ではなく、大量養殖した海藻で代替できるとの報告書をまとめた。】ということを書きました。
 が、このほど【東京ガスが、アオサやコンブなどの海藻を発酵させて出るメタンガスを使って発電する、バイオマス発電システムの実用化に乗り出した。】ということで、東京ガスが実用化へむけて動き出しました。すでに研究段階は済んでおり、【日本各地の海辺では、大量に繁殖して流れ着いたアオサが腐敗し、悪臭や景観を損なうなどの被害が発生。また、漁場を保護する目的で植え付けられたコンブも1年ほどで刈り取られるため、自治体によっては毎年、数千万円をかけて、2000-3000トンもの海藻を焼却処分】されていることもあり、処分品を新たな製品とすれば、経費の節約と、そして新たなエネルギーの生産とまさしく一石二鳥といえます。
 参照ページ【コチラをどうぞ(赤文字は共同通信の記事より引用)】

★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。
スポンサーサイト

せんだい環境フォーラム

 今日は「せんだい環境フォーラム2007」がせんだいメディアテークで開催され、(表向き?)STAFFとして参加してきました。
 思いのほか来場者が多かったように思いますし、お子様連れで家族でおいでになった方、年配のご夫婦でおいでになられた方、また通りすがりに「なんかやってる?」とお寄りになった方など様々でしたが、多くの方は各ブースをくまなく回っておられる方々がほとんどでした。
(写真説明は写真にマウスを当ててくださいね)


会場入り口


企業ブース


ダイエットキャンプってなに?


風呂敷デザインコンテスト優秀作品


子どもたちの描いた環境ポスター



 このようなイベントでは「企業だけ」「環境団体だけ」というのが、まだまだ世の中の主流の中、「環境フォーラムせんだい」は「企業」「民間」「一般参加」という混合型で開催されており、他の環境イベントの中でも「一歩」先端を行っているように思えました。
 さて、来年はどんな環境フォーラムになるか、今から楽しみですね。

★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

「炭焼き」と「環境フォーラム」

昨日と今日はエコ研で炭焼きをしました。
結果・・・もろもろの理由で失敗しました(^_^;)
詳細はエコ研のホームページをどうぞ。


で、明日は「環境フォーラム」があります。
今日の河北新報にも記事が載りましたが。。。
環境フォーラム

 今回は、“会場で使用する電力のすべてを、風力発電から作られた電気で賄うイベント”
となっています。普段なにげに使用している「電気」について、知っていただきたいと…。
 明日10時~16時、仙台メディアパークで開催しますので、ぜひおいでください。
待ってます~!!



★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

明日は“炭焼き”

 我がエコ研(NPO東北エコリサイクルネットワーク研究会)では、明日山形県の舟形町で1晩かけて“炭焼き”を行います。
 炭焼き職人さんのような立派な炭焼きではありませんが、あれこれ実験しながら焼いてみます。
 竹…軽トラで2台分だそうで、全部焼けるのか…とても不安ですが…。
 結果報告は24日にアップできれば…いいなぁと思います。
 色々な意味で、結果をお楽しみに(^_^;)


★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

エコメイトホテル・・・

 何気に
「温泉行きたい」
「どっか行きてぇ~なぁ~」
と、一人思いながらネット徘徊していて見つけた言葉。

それは「エコメイトホテル」。
思わず“なんじゃそりゃ?”と。

近畿日本ツーリストのホームページで見つけたのですが、
【近畿日本ツーリスト株式会社が、独自の基準で環境対応への具体的取り組みを行なっているホテルをパンフレット(2007年は『リラックスイン』、『ホテルプラン』)上に、マークで表示し、『エコメイトホテル(Eco Mate Hotel)』という愛称で発売しているものです。】ということで、

【『エコメイトホテル』は、環境ポリシーを制定していることを基本とし、
「環境への取り組み姿勢」
「飲食関連の環境配慮」
「産業物削減、リサイクル」
「省エネルギー、節水」
「グリーン購入、化学物質、その他」
の5分野50項目の実施状況により、エコメイト1、2、3と区分し表示します】
と、割と細かく分類されているようで、エコメイト1~エコメイト3とランキングされているようです。
 旅行会社独自の取り組みではありますが、こういう取り組みが他のホテ業界や旅館はじめ、他の旅行業界に拡がっていくと、更なるエコへの意識向上へつながり、旅行客のエコ意識向上に繋がっていくのかなぁと思います。


  詳細はこちらをどうぞ。


★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

ESD

 【ESDは、「持続可能な開発のための教育」(Education for Sustainable Development)の略称です。
 「わが国における「ESDの10年」実施計画」では、ESDを「一人ひとりが、世界の人々や将来世代、また環境との関係性の中で生きていることを認識し、行動を変革するための教育」と定義しています】

                    (環境省ホームページ「環境省ESD促進事業」より)
 日本国内に、現在このESD/RCEのモデル地域は10地域ありますが、初年度で世界で6地域しか認定されなかったうちの1つが、仙台広域圏であり、いまだもって北海道を除く東日本では、たった1地域しかありません。
ESD・RCEモデル地域

 このESDに先ず、必要なことは、
自分の地域をよく知る、理解するということです。
それは、どんなことをする上でも必要なことです。
良いところだけではなく、マイナスな部分をあわせ、すべてを知り、理解することは、容易いように思えて、実はそうでもないことは、皆さんが自分の住んでいる地域の良いところ、悪いところを書き出してみればわかると思います。
 ありきった答えしか書けないはずです。
 しかし、その見えない部分を知り、理解することが出来れば、それは新たな視野を広め、新たな事業を生み、新たな概念が生れてきます。
 そこへ、すすむための過程に値するものがESDであり、結果をもとめるものではありません。
皆で知り、考え、情報を共有する場を設けること、そこからすべてが始まります。

 環境問題も、
 地域おこしも、
 環境教育も、
 新たな産業も・・・。

 10月20日に、恐れながら・・・・私が代表で行った(私は名前だけで、9割は仙台広域圏の皆さまのご協力があってのものですが・・・)ESDにおける拡大学びあい会議の様子は、この環境省の環境省ESD促進事業の中の「各地域の取り組み」にも紹介されています。

 こういう機関「ESD/RCE」の拠点となっている運営委員会と互いに手を結ぶことで相乗効果が生まれていくのではないかと思います。

★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

「NPO・NGOこそがブログの主役たれ」

 「NPO・NGOこそがブログの主役たれ」とは、日経パソコンONLINEにあったコラムのタイトルです。
 ecoな情報ではありませんが、読んでみて「ふむふむ・・・・」と思ったので、ご紹介します。

 この記事では、
【一生活者として私が期待する情報発信源は、信頼しうるNPO・NGOなどの公益法人である。玉石混交のブログ嵐の中で「道しるべ」となるのは、その活動理念に共感できて、中立かつ長期的な視点で情報整理をしてくれる「公益法人ブログ」だと予測するからだ】と筆者の久米信行氏は書いていました。

また
【衣食住はもちろんのこと、勤労・余暇・自己啓発に関わる個人の行動について、家庭のしつけ・学校教育・マスメディア・企業広告に並ぶ影響力を持つ可能性もあろう。政府・官公庁・企業の行動や情報発信も、自ずと公益法人との協働が求められよう。】とも書いています。

1.“売らんがため”に共感なし
2.百年の計を営利企業に求めるな
3.本業たる教育啓蒙の格安メディア
4.ブログの猛者は一騎当千
5.感動のトラックバックも協賛なり
6.企業はノンフロン冷蔵庫に学べ
7.ニュースにならない笑顔を配信

*赤文字はすべて久米氏の記事をそのままコピーしています。

 今、誰もが気軽にBlogを作り、Webで公開している時代です。
そして、世界で一番Blog人口が多いのは日本という中で、様々な媒体の1つとしての利用価値が高まっています。
 
 その中で、公益法人という立場の団体は、何事も公平的な立場で、客観的な立場で、また情報を公に、そして地域に密着しているということが条件としてあります。それゆえ、中立という立場ですから、そうそう偏った情報を流すこともありません。そして、一番は「営利目的」ではないということです。それゆえ、NPO&NGOはじめ公益法人のBlogは今後中心的な役割をしていくのではないか?ということなのでしょう。

 NPOの人間としては、大変ありがたいコラムではありますが、気持ち荷が重くなってしまうような気も無きにしも非ず・・・ですが、出来る限りいろいろな情報を発信していければな、と思います。

 詳細は、上記「コラムタイトル」のリンクをクリックして見てくださいね。 

★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

キャンドルイベントの矛盾

 日本全国津々浦々で、昨今はキャンドルによるイベントが流行っています。
きっかけは「100万人のキャンドルナイト」であろうと思います。
「電気を消してスローな夜を」を合言葉に、夏至と冬至に電気を消して、電気の有り難味、無駄な電気の使い方について考えてみようというものでした。

 しかしながら、どうもイベント先行型になってしまっているところも多く見受けられます。

「とりあえずキャンドルナイトをすれば人が来る」
「エコといえば、人は来る」
といった感がモロに見えるイベントもあります。

 なぜか?
「環境」「エコ」と言いながら、実はぜんぜんエコではないものが多いのです。

 廃油からローソクを作ろう!まではいいのですが、そのローソクを入れる容器が紙コップのところが異常に多いのです。
 せっかく廃油をリサイクルするのです。そこで、なぜ新しい紙コップをわざわざ買ってくるのでしょう?
 そこに後片付けが楽!ということがあります。
ようは、そのまま捨てればいいさ!ってことです。
でも、新しい紙コップを最初から捨てるのを前提に使うのはどうか?と思われます。
 廃油をわざわざローソクにして、そこでリサイクルするのですから、真新しい紙コップを使っては意味がありません。
 廃油ローソクは暖めれば再度使えます。中身が減ったのならば減った分を新たに加えればいいだけです。何度でも繰り返し使えるのですから、容器も数回使用できるもの、そしてもう容器も壊れてきたので、これ以上は無理だ!となったときに別な再利用ができるものを選ばなければ意味がないのです。
 竹を利用すれば、使用後は竹炭にすることが出来ます。
 アルミ缶であれば、綺麗に最後に油をとればアルミ缶として再利用できます。etc…
どういう入れ物がベストなのか、再度そこまで考えてイベントする必要があります。


★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

山形県高畠町の取り組み

 ひょんなことで入った「お蕎麦屋」さん。
そこで思わぬものを発見してしまいました。。

 高畠町で廃油を回収して、台所(洗濯も可)石鹸を作り、普通に店先で販売されていたのです。
エコ石鹸


エコ石鹸2


ネーミングが「おーい!」らしいです。

 この石鹸は高畠町の商工会の婦人部が中心となって行っているようで、一番びっくりしたのは、普通の商店で廃油の回収をしているということです。
 ちょっと買い物のついでに…と持参できることと、もう1つは、ペットボトルに入れて、廃油回収を取り扱ってくれているお店に持参すると、スタンプがもらえます。10個で、この石鹸1袋。そしてカード全部埋めるまで貯めると「ニャン券」という高畠町内で使用できる商品券がもらえるのです。これは一種の地域通過ですね。
 特に女性はポイントカードが大好きですから、女性の心をくすぐりますね。

 また、廃油を回収して、BDF燃料に精製しすでにそのBDFを使用しているところもあるとか…。
 たまたま寄ったお店で、そういう意義深いお話を聞く事ができてラッキーでした。

 廃油の回収は意外と大変で、どこかに持参するというように特定の場所を定めているところは多いですが、このように街の中の普通の商店や飲食店で回収を取り扱ってくれる、またそれがポイントカードへ記されるなど、参考になるアイディアをたくさんいただいてきました。

★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

地球異変余禄・・

“朝日新聞がビートルズ世代に贈る、こだわりエンターテインメントサイト”ということで、“どらく(DO楽)”というサイトがあります。
 ライフスタイルから、健康、資産運用、旅行・・・とジャンルがあり、あまり若者向きではないところが、見ていて落ち着く不思議なサイト。

 そのサイトの中に「グリーンカフェ」というコーナーがあります。
 また、そのコーナーの中でも「心地よい暮らし」と「地球異変余禄」という2つのコーナーがあります。「心地よい暮らし」は地域密着型の様々な暮らし方の提案やアイディアが掲載されており、「地球異変余禄」は、その文字の通り、地球規模で起きている異変を紹介しています。
 写真が綺麗すぎるので逆に危機感が薄れてしまう面もありますが、ぜひご覧になってみてください。


★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

「ダンボール箱」のコンポスト

 福島市にある「株式会社 福永」では、家庭用の生ゴミを堆肥化するダンボール箱のンポストを開発したそうです。

 その名は「ダンポスト」(1250円)。

 ダンボール箱の中に有機物を粉末状にした土(シダや水ゴケを発酵させたビートモスや、籾殻を炭化させたくん炭など)を敷き詰め、微生物が生ゴミを分解する仕組み、とのこと。
 ダンボールの表面を特殊インクで加工し、マイナスイオンを発生させ、匂いや虫の発生抑制することができるという。
 処理能力は1日500gで3ヶ月でダンボール箱は満タンとなるそうで、その後2週間ほど寝かせると肥料となるようです。

 それらの土もついて1250円とのこと。

 ちょっと興味あります・・・。


★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

「東北バイオマスフォーラム2007」

 「東北バイオマスフォーラム2007」が仙台市で開催されますので、ご紹介いたします。

●平成19年12月3日(月曜日) 10時30分~17時00分
●仙台国際センター(宮城県仙台市)
●1,000名 (参加費 無料)
 (事前にWebにて申し込み。且つ申し込み確認ページを印刷して持参し、受付で資料と交換となる)
●内容は
(1) バイオマスエネルギーセミナーの部
    挨拶 東北地域バイオマス利活用推進連絡会議
  事例発表
 (ア) 「岩手県葛巻町における木質バイオマスによるガス化システム実証」
月島機械株式会社 水環境事業本部事業推進部
参事 有賀宗貴 氏
 (イ) 「畜産バイオガス標準モデルのプラント実証」
日本車輌製造株式会社 エンジニアリング本部
技師長 吉田尊彦 氏

☆基調講演:「国産バイオ燃料の将来性」
  株式会社 三菱総合研究所環境・エネルギー研究本部
主任研究員 井上貴至 氏
(2) フォーラムの部
     挨拶 東北地域バイオマス利活用推進連絡会議
 ☆基調講演
  「地球市民の温暖化対策」
     科学ジャーナリスト 小出五郎 氏
  「バイオマス利活用に向けた今後の展望」
東京大学生産技術研究所 教授 迫田章義 氏
 ☆提案「東北地域におけるバイオマス利活用の提案」
     東北バイオマス発見活用協議会 図師田聡子 氏
 ☆パネルディスカッション
     テーマ「私たちが創る環境に優しい社会」
       コーデネータ 庄子幹雄氏(マサチューセッツ工科大学客員教授)
       パネラー みやぎ生活協同組合 大原英範 氏
             佐川急便株式会社 中尾文愛 氏
             井 上 貴 至 氏
             小 出 五 郎 氏
             迫 田 章 義 氏

(3) バイオマス展示コーナー
(4) BDFバス・タクシーによる市内走行

<申し込み・問い合わせ・詳細>
 東北農政局 企画調整室
(注意)申し込みは11月22日までです!




★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

「CSRモニター」

  近年「CSR」という言葉を耳にする機会が増えました。
CSRとはCorporate Social Responsibilityの略で「企業の社会的責任」と一般的には訳されています。
 しかし、あまりに抽象的なので、「何を?」という基準がないために、意外と分かりにくかったりします。
 企業1つが、地域に、社会に、経済的に、与える影響は数知れません。その中でどうすれば、信頼を得ることが出来るのか?またその中でどれくらい地域に、社会に貢献できるのか?というものを含んでいるのがCSRだと私は捉えていますし、それが今後持続可能な社会を目指す上で必要不可欠な課題であると思うのです。
 現在企業の多くは「CSR=環境問題」という解釈をとっているところが多く、毎年CSR報告書なるものが発行されています。これらは誰でも取り寄せることができ、またホームページで閲覧することも可能です。

 さて、CSRモニターというものがあります。
 モニターサイトにある企業のCSRなどを読んで、意見を投稿したり、アンケートに答えたりするものです。CSRなどに目を通すのは意外に時間がないとできないものですので、全部に回答や投稿することはなかなか出来ません。
 しかしながら、多少なりの各企業の経営の取り組み、地域への取り組み、地球への取り組みを知るきっかけにはなっています。

 ちょっとモニターやってみたい!という方は上記リンクよりご応募ください。
まだ全国で2000名しかCSRのモニターがおりません。
たくさんの声を企業に届けることで、企業が、そして社会を変えることができるのです。


 

★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

環境フォーラム仙台2007

 仙台で毎年恒例の「環境フォーラム仙台」が「環境フォーラム仙台2007」と題して、せんだいメディアテークを会場に開催されます。
 
 日時 2007年11月25日(日)10:00~16:00

 場所 せんだいメディアテーク オープンスクエア

 企画・運営:環境フォーラムせんだい2007実行委員会

 参加費 当然及び見学無料


主な内容は
・君も巨大空気砲を飛ばしにこないか?(CO2ダイエットチャレンジ)
 ・どこへ行く!あの果物は!(作物産地の未来予想図を考えよう)
 ・バスでどこエコ?(公共交通でのCO2削減量を体感しよう)
 ・いぐね戦隊グリーンセイバー
    (ミッション(クイズ)クリアで認定証をプレゼント)
 ・考えてみよう 世界のくらしと環境
 ・今日、何食べる?
    (私たちの食卓からフードマイレージ、地球温暖化を考えよう)
 ・無力と微力のふたりの天使(紙芝居上演)
 ・エネルギーの重さを体感しよう!
 ・タウンウォッチング「街角でエコが危ないを発見しよう」
 ・環境ショート映像3minコンテスト作品上映
 ・かんきょうチャレンジコンクール受賞作品展示
などなどもりだくさんです。 

 どこかのブースに私(管理人)がおりますので、お時間ある方は遊びにきてください。

 
★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

BDFと竹炭

 昨日は、天童市で当エコ研の臨時理事会でした。
エコ研たち上げてからの、将来的な目標であった「BDF燃料生成」が、将来ではなく、「近い」将来にと…話が縮まってきたことに驚きつつ、生成機購入及び購入に向けての具体的に話が進むことで、あれもこれもと。。。考えることも、することもたくさんあることに頭の中が真っ白け。けれど、前に進むしかないし、ここまで来たらやるしかない!

 さて、それにあわせて川の浄化事業における「炭」の調達の議題では、自分たちで炭を作ることで話がまとまりまして、今月下旬の連休を利用して炭を作ることになりました。一晩火を燃やしながら、空いた時間で懇親会をしつつ、廃油石鹸をつくりつつ・・・と中身の濃い一晩となりそうです。 


★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

エコレポート10月分がeco-people.co.jpにアップ!

[eco-people.co.jp ― eco検合格者 = “エコピープル”をサポートする]のホームページにホームページ及びBlog管理人の10月分のレポートが掲載されましたので、お知らせします。



★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

11月は「エコドライブ月間」

 行楽シーズン真っ只中ですが、そんな時期だからこそ「エコドライブ」で出かけましょう。

 1)ふんわりアクセル「eスタート」
 2)加減速の少ない運転
 3)早めのアクセルオフ
 4)エアコンの使用を控えめに
 5)アイドリングストップ
 6)暖機運転は適切に
 7)道路交通情報の活用
 8)タイヤの空気圧をこまめにチェック
 9)不要な荷物は積まずに走行
10)駐車場所に注意

 10項目のうち、走行時の主な行為についてエコドライブを実施すると15%程度燃費が改善されるといわれています。
 ということは・・・

 エコは環境にもやさしいけれど、
 お財布にもやさしい・・・ということですね。

 交通安全と、エコ。

 楽しいドライブを。

●チームマイナス6パーセント「エコドライブ編」



★FC2blogランキング
★人気Blogランキング
     ↑
 「ポチっ」とお願いします。

出張教室について

◆リサイクルハンドメイド教室については 「リサイクルハンドメイド講座出張教室」をご覧くださいませ。 「エコ」も楽しく「アイディア」いっぱいです♪ 子供会、PTA、さらには自治体、各種団体様受付中♪

カレンダー


10 ≪ 2007/11 ≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メニュー

舟形町:農業漁業体験実習館

施設もエコ、経費エコ♪な研修施設です。
空気の澄んだ 山間(やまあい)にある山形県舟形町。
 ◆大きな音が出る吹奏楽部やバンドの合宿に♪
 ◆スポーツ少年団の合宿に
 ◆無線LAN完備、プロジェクター完備
  社員研修にもどうぞ♪

★農林漁業体験実習館★
   ↑
まずはクリック♪

facebookpage

来てくれてありがとう

検索フォーム

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。